週明け月曜日、やはりANA株大幅下落

投資

軒並み株価が下がっている中、なぜか1週間株価が上がり続けていたANA株。

株価が上がっていたのは「空売り規制がされている」からでした。

その理由により、今後株価は暴落する可能性があるのでは?と初心者ながら思っていましたが、週明け早くも株価が大幅下落となりました。

スポンサーリンク

ANA株の変動

先週1週間の値動きを見たうえで本日の値動きを見ていきましょう。

先週1週間の値動き

ANAの株は先週木曜日19日の終値が3,010円。

コロナ流行の前の株価は3,600円ほどなので2割程度株価が下落しています。

一方日経平均は16,500円ほどで、コロナが流行する前の23,000円ほどと比べると30%ほどの下落となっています。

20%と30%なのでそんなものかという感じかもしれませんが、

ここ1週間の値動きを比べてみると全く違う動きをしていることがわかります。

「ん?」と思いません?

上下はあるものの日経平均は下がっていますが、ANAの株価は右肩上がりです。

特に航空業界で明るいニュースがあったわけでも、コロナの収束が見えてきたわけでもないのにです。

こんな状況のなかANAの株価が上がっているのにはちゃんと理由がありました。

その理由は

空売りが禁止されていたからです。

空売りとは

手持ちの株式を売ることを「現物の売り」というのに対して、手元に持っていない株式を、信用取引などを利用して「借りて売る」ことを指します。株価が高く、これから下がることが予想されるときに空売りをして、その後予想通り株価が下落したところで買い戻して利益を得るものです。

SBI日興証券
不思議紳士
不思議紳士

売りが規制されていたのでこれだけ値上がりしたということですね。

今日の値動き

先週1週間は上がる一辺倒だったANA株ですが、

今日の動きを見てみましょう。

本日のANAの株価は終値が2,752円で、前日比258円(▲8.57%)の大幅下落となりました。

始値が2,890円で、始値がその日の高値ということで、一時は2,600円台まで下落しました。最大10%以上の下落ですね。。。

19日にまだ上がるかなと思って購入された方はちょっと悲惨ですね。

一方日経平均は3日振りの反発となりました。

3人寄ればなんとやらということで、私を含めた高校の同級生3人と投資について相談しながら実施していますが、「19日に保有していたANA株を売って本当によかった」となっています。

不思議紳士
不思議紳士

タイトルは大失敗となっていますが、一応益も出ましたし、結果的によかったということになりました。

下手に欲を出して更なる値上がりを待っていたら、痛い目を見るところでした。

今後の株価は

先週は空売り規制から値上がりの1週間となりましたが、週明けは大幅下落となりました。

明日以降、空売り規制の影響や本日の下落に反発して再び株価が上がり始めるのか、将又下がり始めるのか正直予想がつきません。

コロナの影響で空売り規制まで始まり株価が全く読めない状況になっていると思います。

少なくとも私は空売りの規制が解除されるまでANAの株は怖くて手を出せませんね。

規制が解除されて株価が下がったら買うかもしれませんが笑。

配当や、株主優待の権利付き最終日が今週末に迫っており、いろいろと悩む1週間になりそうです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました