スターアライアンスゴールドの特典と取得方法【28のエアラインで上級会員の扱い!】

おすすめ記事

1997年に設立され、世界初世界最大航空連合であるスターアライアンス

加盟エアライン数は20年5月時点で28社(コネクティングパートナー2社を含む)で、日本からはANAが加盟しています。

そんな航空連合のスターアライアンスにも上級会員の制度があり、多くの特典を享受できます。

この記事ではそんなスターアライアンスの上級会員の特典と取得の方法を紹介します!

スポンサーリンク

スターアライアンスゴールドとは

スターアライアンスは1997年に設立され、世界初世界最大航空連合です。

加盟エアライン数は20年5月時点で28社(コネクティングパートナー2社を含む)で、日本からはANAが加盟しています。

その加盟会社による就航国は190ヶ国余り1,300以上の空港に達し、1日当たりの便数は21,000便を超えています。

そんなスターアライアンスにも上級会員の制度があり、

各航空会社に多く乗ることで各航空会社の上級会員となり

スターアライアンスの上級会員となることができます。上記の26社(コネクティングパートナー2社は写真になし)で上級会員として扱われます!

スターアライアンスの上級会員には以下の2種類があります。

スターアライアンスシルバー

スターアライアンスゴールド

それぞれの特典をまとめると以下の通りです。

シルバーゴールド
空港ラウンジ
優先チェックイン
保安検査場のゴールドトラック
手荷物優先
手荷物許容量の追加
優先搭乗
優先空席待ち予約
空港での空席待ちの優先
ヒースローエクスプレスのアップグレード

これら特典について紹介していきたいと思います。

航空会社ラウンジの利用

スターアライアンスゴールドだとカードラウンジではなくスターアライアンスに搭乗する際その航空会社のラウンジが利用できます。

(スターアライアンス便利用の同行者1名も可) その数は世界で1,000か所以上です。

個人的に一番うれしいのが 同行者1名とともにラウンジをエコノミークラス利用時でも使用可能な点です。

航空会社のラウンジはビジネスクラス以上に搭乗する場合利用できますが、上級会員であればエコノミークラス利用時もラウンジを楽しめます。

空港でラウンジが利用できるとそれだけで旅が豪華になった気がします。

国際線のラウンジでは無料のビュッフェ形式で食事が出来たりアルコールが飲み放題だったりします。

ANAラウンジでは時間帯と場所によっては寿司を握ってくれるサービスをしていたり、ラーメンを頼めたりします。

こちらは海外のラウンジです。

食事もいいですが、個人的にラウンジで嬉しいのがシャワー室が無料で利用できるラウンジが多い点ですね。深夜便の場合はラウンジでシャワーを浴びさっぱりしてから飛行機に乗ることができます。

右の写真は上海で利用したエアチャイナラウンジのシャワー室。

当然利用者ごとに掃除されるので非常に清潔な状態で利用できます。

トランジットの際は本当にありがたいです。

ラウンジが利用できると普通はなるべくしたくないと思うトランジットへの抵抗感も薄まります。トランジットする空港のラウンジを訪れるのも一つの楽しみになるためです。

優先チェックイン・専用保安検査場

空港でのチェックインとバゲージドロップ、保安検査場で長時間並んでうんざりした経験はありませんか?

並んでいるエコノミーのチェックインは長蛇の列、一方隣のビジネスのチェックインはガラガラなんてことはよくあることです。

しかしチェックイン等で並ぶこととは無縁になります。

スターアライアンスゴールドであればエコノミークラス利用時でもビジネスクラスのチェックインを利用できます。

そのためストレスなくチェックインすることが可能になります。

また保安検査場でも優先される場合があります。

下は成田のゴールドトラックでスターアライアンスゴールドメンバーのために優先保安検査場(プライオリティレーン) が設置されています。

プライオリティレーンは大概空いていますのでこちらでも待つことなく検査場を抜けることができます。

手荷物受取の優先

スターアライアンスゴールドを持っていると預け荷物を受け取る際にも優先してもらえます。

大きい飛行機に乗った際なかなか自分の荷物が出てこずヤキモキした経験は誰にでもあると思います。それも無縁になります。

搭乗クラスにかかわらず、画像のような〈PRIORITY〉の優先タグを取り付けてもらえますので飛行機を降りた後すぐ荷物がベルトコンベアから出てきて受け取れます。

スターアライアンス利用時にこんな感じで預けた荷物にタグをつけてもらえ、

最初の方に荷物がベルトコンベアで運ばれてきます。

手荷物許容量の追加

預けた手荷物が早く受け取れるだけでなく、預ける荷物を多く預けることが可能となります。

手荷物の預け入れが個数で制限されている場合はプラス1個

重量で制限されている場合はプラス20kgまで無料で預けることが出来るようになります。

手荷物の預け入れが個数で制限されている場合のイメージはこちらです。

ANAの国際線の場合、本来ファーストクラスなら預け荷物は3つビジネス・プレエコ2つ、エコノミーは1つとなっています。

それがファーストクラスなら預け荷物は4つビジネス・プレエコ3つ、エコノミーは2つとなります。

不思議紳士
不思議紳士

スターアライアンスゴールドを所持していてファーストクラス搭乗時の手荷物預け入れ可能な個数は4つですか。。。笑

手荷物の預け入れが重量で制限されている場合のイメージはこちらです。

ANAの国内線の場合プレミアムクラス40㎏まで普通席の場合は20㎏まで預け荷物は無料です。

それがプレミアムクラスは60㎏まで、普通席の場合は40㎏まで緩和されます。

海外で多く買い物をした際なんかは重宝する特典ですね。

ただ、各航空会社によってベースとなる預け荷物の制限が異なるので、搭乗する際にチェックが必要です。

優先搭乗

スターアライアンスゴールドだと飛行機に優先的に案内をしてもらえます

こちらはANAの搭乗順です。

スターアライアンスゴールドを持っているとグループ2で搭乗できます。

別に飛行機に早く乗り込んでも早く着くわけではないのであまり意味ないように思えますが、意外と嬉しい点もあります。

のんびり飛行機に乗って荷物を上の棚に収納しようとしたところなかなか荷物を入れるところがないという経験をされた方結構いると思います。

スーツケースを収納したいときはなおさらです。

早く飛行機に乗ることができれば自分の席の収納スペースを確保できます

あとは機内の写真を撮りたい場合は人が少ない状態で撮ることが可能だったりします。笑

ヒースローエクスプレスでのアップグレード

ロンドンのヒースロー空港からロンドン主要駅パディントン駅までを結ぶヒースローエクスプレス乗車時、ビジネスクラスにアップグレードされます。

所要時間は15分、普通車で往復£37。ポンドが140円だと5,000円以上ですからいい値段ですね。。。

なお地下鉄だと所要時間50分で往復£12ほどです。

これは最近加わった特典だと思います。

スターアライアンスゴールドになるためには

スターアライアンスゴールドになるためにはスターアライアンスに所属している航空会社の飛行機に乗り、その航空会社の上級会員となることでなることが出来ます。

1つの航空会社で上級会員となってしまえば、他の25社の上級会員です。

26社の正式メンバーがいるので26通りの上級会員のなり方があります。笑

世界のエアラインの上級会員制度

下の表がどの航空会社の上級会員がシルバーとゴールドに当たるかの表です。

マイレージ種類航空会社スターアライアンスシルバー該当スターアライアンスゴールド該当
マイレージ・プラス ユナイテッド航空
コパ航空
プレミア シルバー グローバル・サービス
プレミア 1K
プレミア プラチナ プレミア ゴールド
マイルズ&モア ルフトハンザド航空
オーストリア航空
スイス インターナショナル エアラインズ
LOTポーランド航空
クロアチア航空
ブリュッセル航空
フリークエント・トラベラー HONサークル
セネター
アエロプラン エア・カナダ アエロプラン・プレステージ アエロプラン・スーパーエリート
アエロプラン・エリート
ロイヤルオーキッドプラス タイ国際航空 シルバー プラチナ
ゴールド
SASユーロボーナス スカンジナビア航空 シルバー パンディオン
ゴールド
ANAマイレージクラブ ANAブロンズ ダイヤモンド
プラチナ
スーパーフライヤーズ
クリスフライヤー/PPSクラブ シンガポール航空 エリートシルバー ライフ・ソリティアPPS
ソリティアPPSクラブ
PPSクラブ
エリートゴールド
アシアナクラブ アシアナ航空 ゴールド プラチナ
ダイヤモンドプラス
ダイヤモンド
エアポイント ニュージーランド航空 シルバー ゴールドエリート
ヴィクトリア TAP ポルトガル航空 ヴィクトリア・シルバー・ウィナー ヴィクトリア・ゴールド・ウィナー
ボイジャー 南アフリカ航空 シルバー ライフタイム・プラチナ
プラチナ
ゴールド
フェニックスマイル 中国国際航空
深圳航空
シルバー 生涯プラチナ
プラチナ
ゴールド
マイルズ&スマイルズ ターキッシュ エアラインズ クラシック・プラス エリート・プラス
エリート
エジプトエアープラス エジプト航空 シルバー プラチナ
ゴールド
マイルズ + ボーナス エーゲ航空 シルバー ゴールド
シェバマイルズ エチオピア航空 シルバー ゴールド
ライフマイルズ アビアンカ航空 シルバー ゴールド
ダイヤモンド
インフィニティ・マイレージランド エバー航空 シルバーカード ゴールドカード
ダイヤモンドカード
フライングリターンズ エア・インディア  エッジクラブ ゴールデンエッジクラブ
マハラジャクラブ

こんなにあるのかという感じですね。笑

これらのうちどれか一つになれさえすればスターアライアンスの上級会員となることが出来ます。

日本に住んでいてANA以外の上級会員になるのは難しいと思いますのでANAの上級会員について紹介したいと思います。

ANAの上級会員について

ANAではざっくりいうと1月から12月までの1年間にどれだけ有償で飛行機に乗ったかによって3つのステータスがあります。

そのステータスはプレミアムポイントというポイントによってブロンズ、プラチナ、ダイヤモンドに分かれています。ステータス自体は1年更新となります。

このステータスでプラチナ以上となると一生涯ANAの上級会員となるスーパーフライヤーズへの申し込みが可能となります。

ブロンズスターアライアンスシルバー

ダイヤモンドプラチナスーパーフライヤーズスターアライアンスゴールド

が付与されます。

上級会員の判断要素プレミアムポイントとは

プレミアムポイントとはマイルとは別に有償で飛行機に乗ると貯まるポイントです。

ポイントといっても別に何に使えるわけでもなく、このステータスの判断のみに使用されます。

プレミアムポイントは乗った飛行機の距離と予約した運賃の内容や路線などによって倍率が決まり計算されます。

ANAの上級会員になるための費用、搭乗回数

例えば羽田那覇間にプレミアムクラスの正規運賃で搭乗した場合に貰えるプレミアムポイントは3,352ポイント。50,000ポイントを達成するためには1年間で8往復が必要です。

羽田那覇のプレミアムクラスは片道5万円強なので80万円以上掛かります。

なお安い運賃のSUPER VALUEの場合は1,476ポイントです。この場合50,000ポイントには1年間で17往復が必要です。羽田那覇のSUPER VALUEだと安い場合は片道1万5千円くらいなのでこれでも50万円ほど掛かります。

これくらい1年間に有償で飛行機に乗るとプレミアムポイントが50,000ポイント貯まり、プラチナメンバーとなることができます。

ダイヤモンドメンバーはこの倍です。果てしないです。

普通はよっぽどの旅行好きか出張族の方でない限りプラチナメンバー以上になることは難しいと思われます。

不思議紳士
不思議紳士

と一見ハードルが高そうなANAの上級会員ですが、実は無料でなる方法も存在しています。

一生涯ANAの上級会員となれるスーパーフライヤーズカードと共に記事にしておりますのでこちらもご覧ください。

以上スターアライアンスゴールドについての紹介でした。

私は19年に南米に行った際にANAのプラチナメンバーとなり、スターアライアンスゴールドを所得しましたが、

旅好きにはたまらない特典が盛りだくさんで、旅が1ランクも2ランクもレベルが上がったと実感しています。

無料でスターアライアンスゴールドになる方法も存在していますので是非狙ってみてください!

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました