誰でも年間数十万マイル!ANAマイルの貯め方

おすすめ記事

旅行好きの方と切っても切れないのが航空会社のマイルです。

マイルとはいわば航空会社のポイントです。

マイルがあると何ができるか簡単に言うと

航空券がほぼ無料で発券できます

ただ、マイルに対しては「あー、航空会社のクレジットカードで決済したら少しずつ貯まるやつね」とか「国内線だと数百、国際線でも数千しか貯まらないから出張族じゃない自分とは関係ないな」とか少し詳しい方だと「日系の航空会社のマイル有効期限は3年だから、特典航空券に変える前に期限切れちゃうんだよなー」という簡単には貯められないものというイメージがあるかもしれません。実際私も同じような印象を持っていて、2019年まで旅行には行くもののマイルはほぼ貯めていませんでした。

ただ実際は

ANAマイルは誰にでも年間数10万マイル貯められます

なお、10万マイルあればヨーロッパへの往復でのビジネスクラス航空券がマイルを利用することで発券できます。

実際私はマイルを貯め始めて半年ちょっとで10万マイルをため、ほぼ無料でビジネスクラスを利用しヨーロッパまで旅行してきました。

私が2019年から本格的にANAマイルを貯め始め2020年1月末のマイル残高がこちら

この時点でのマイル残高は13万マイル!

2019年にビジネスクラスの航空券を約10万マイルで発券したり、まだマイルに変えていないポイントがあるため実際はもっと多くのマイルを1年間で貯めています。

どうやってこれだけのマイルを貯めたのかについてこの記事で解説します。

まずANAのマイルの貯め方は以下4つです。

point

①ポイントサイトでポイントを貯め、マイルに交換する (重要)

②クレジットカードのキャンペーンで貯める

③クレジットカード決済で貯める

④飛行機に搭乗し貯める

下で解説します。

スポンサーリンク

ANAマイルの貯め方

ポイントサイトでポイントを貯め、マイルに交換する

これが最重要な貯め方で、この方法を実践することで誰でも大量のマイルを貯めることが可能になります。

ポイントサイトとは?

そもそも「ポイントサイト」って何?って方が多いと思います。私も当初は存在を知らないどころか「ポイントサイト」という単語を聞いたことすらありませんでした。。。

「ポイントサイト」とはネット上の広告代理店と思って頂いたらいいかと思います。

例えば楽天カードのCMで新規入会で8,000ポイントとか、5,000ポイントとかやってますよね。あれをネット上で広告しているのが「ポイントサイト」になります。

実際の案件を有名なポイントサイト「モッピー」で見てみましょう。

6,000Pと書いてありますよね。これはモッピーを経由して楽天カードを発行するともらえるモッピーのポイントです。
モッピーのポイントは1ポイント1円の価値なので6,000円分のポイントが貰えます。

ポイントサイト自体はいくつもあるのでそれぞれのポイントサイトがネット上にお店を構えて楽天カードを広告しているような感じです。

ここで気になるのがCMで宣伝されている楽天ポイントはどうなるの?ってことだと思います。
ただ、安心してください。ポイントサイトから楽天カードを申し込むときには、
通常の楽天カードの入会キャンペーンも適応となるのでなんとそのポイントも貰えます。

モッピーのサイトでも「 6,000モッピーPと5,000楽天スーパーポイント!合計最大11,000円相当GET★ 」とありますね。
そのため楽天ポイントも5,000もらえます。これは、直接楽天のホームページにからの申し込みで貰えるポイントと同じです。

つまりポイントサイトを経由してクレジットカードを申し込むだけで、

ポイントサイト側で貰えるポイントとカード側のキャンペーンで貰えるポイントとダブルで獲得出来てしまう

ということなんです。

これ凄くないですか!?
自分の場合は衝撃が走りましたね。
戦争において情報が一番重要と言われたこともある中、それは現代でも変わらないなと。

ポイントサイトはネット上の広告代理店なので案件はクレジットカードの発行のみにとどまりません。
代表例ですが以下をポイントサイトを経由することで本来貰えるポイントなどとは別で
ポイントサイトのポイントを獲得することができます。

・楽天市場の買い物
・じゃらん・Expedia・楽天トラベルなどでの予約
・ヤフーショッピング
・銀行・FX口座開設
・マンションなどの資料請求
・クレジットカードの新規発行
・コーヒーなどの定期便

以上のようにポイントサイトを利用することでポイントが貯めるということはお分かりいただけたのではないかと思います。

ポイントサイトからマイルへ

ここからはポイントサイトのポイントをマイルに交換する方法を解説します。

大枠の説明をするとポイントサイトで貯めたポイントをマイルに高レートで交換できるポイントに交換し、そのポイントをマイルに交換するという手順です。
有名なポイント(Tポイントや楽天ポイント)は基本2pt→1マイルとなりレートは50%です。
ただ特定のポイントに交換していくとポイントサイトで貯めたポイントを75%の高いレートが交換可能になります。概要は以下です。

ポイントサイトのポイントをマイルに高いレートで交換するのは3ステップです。

①モッピーなどのポイントサイトでポイントを貯める

②貯めたポイントをドットマネーというポイントサイトに移す
③ドットマネーのポイントをTOKYU POINTに移す
④TOKYU POINTをANAマイルに交換する(特定のクレジットカードが必要)

ドットマネーのポイントをTOKYU POINTに交換するためには東急のANAカード(ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード)が必要となります。
TOKYU POINTを利用するので巷では東急ルートなんて呼ばれています。

この東急ルートについては別の記事にて詳しくまとめました。是非ご覧ください。

つまり今までのことをまとめると月に2万ポイントほどポイントサイトでポイントを貯め、これを東急ルートに乗せてANAマイルに交換すると年間18万マイルとなります。
これはヨーロッパまでのビジネスクラス航空券を2回発券できるマイル数です。

なおポイントサイトでの詳しいポイントの貯め方は以下にまとめました。

ポイントサイトへの理解が深まると思いますので是非ご覧ください!

まとめ

上記を読んでいただいた方はお分かりかと思いますが①の方法でマイルを貯めるためには2つのことが必要ですね。

・ポイントサイトへの登録
・ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードの発行

モッピーの登録はこちらから行えます。(年会費、登録費などは一切かかりません。)

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMOの発行はポイントサイトに案件として出ている場合があります。

20年2月では対象外となってしまっていますが。。。
モッピーや他のポイントサイトで一応検索されてから発行されることをお勧めします。

クレジットカードのキャンペーンで貯める

②は一度に貯まるマイルが結構大きいです

例えば「クレジットカードに新規入会で○○円分のポイントプレゼント!」といったキャンペーンを見たことある方は多いのではないでしょうか。

またまた楽天カードなんかがいい例ですね。新規入会で8,000ポイントとか、5,000ポイントとかやってますよね。
この様な感じでマイルが貯まるクレジットカードも入会キャンペーンをやっています。これに参加するのが②です

入会後〇ヶ月以内に○○万円利用で○○マイルプレゼントというのが大半で代表的なのがANAアメックスです。
ゴールドカードの場合20年1月には入会後3ヶ月以内に100万円利用で7万マイルプレゼントというキャンペーンを行っています。
一般カードの場合は入会後3ヶ月以内に70万円利用で3万8千マイルが獲得できます。

②に関しては一度で多くのマイルが獲得できるのですが、キャンペーンに参加できるのはそのカードの初回発行時のみになるので
継続性がないのが①と比べて弱いところです。

クレジットカード決済で貯める

マイルを貯めている方で多いのが③の方法ではないでしょうか。ただクレジットカードの決済で貯めるのも限度があります。
マイルが貯まるクレジットカードの還元率は0.5%~1.5%ほどで一般的なカードは1%になります。
還元率1%のクレジットカードで20万マイルを貯めようと思ったら2,000万円の決済が必要となります。

私は20台独身の会社員で1年の決済額は100~200万程度なので10~20年かかることになります。
感度があまりないのですがご家庭をお持ちの方でもクレジットカードの年間決済額は200~500万ほどではないでしょうか。
その場合で貯まるのは年間2~5万マイルほどと限度があります。

飛行機に乗って貯める

よっぽどの出張族の方ですら飛行機の搭乗で大量のマイルをためることは困難です。
羽田那覇間での正規料金片道で貯まるマイルはたった984マイルです。一番メジャーな運賃SUPER VALUEの場合738マイルです。
20万マイルをフライトで貯める場合は正規料金で羽田那覇間を100往復以上する必要があります。SUPER VALUEは135往復です。

なお海外に行く場合はどうでしょうか。羽田フランクフルトの片道はビジネスクラス利用でも7,410マイルエコノミーの正規料金だと4,000~5,000ほどです。国内線よりは貯まりますがこれでも15~20往復が20万マイルには必要です。
到底無理な話ですよね。

まとめ

おさらいすると4つ(実質3つ)がANAマイルの貯め方になります。

①ポイントサイトでポイントを貯め、マイルに交換する (重要)

②クレジットカードのキャンペーンで貯める

③クレジットカード決済で貯める

④飛行機に搭乗し貯める

上記を実施頂くと(すべて仮値です)

①ポイントサイト経由で年間18万マイル
②クレジットカードキャンペーンで5万マイル
③クレジットカード決済で2万マイル

なんと年間25万マイルになります。
夫婦で実施されれば50万マイルも見えてきます。

25万マイルあればシーズンと空席に寄りますが以下いずれか航空券の発券がほぼ無料(サーチャージ、税は除く)で可能です。

・ヨーロッパファーストクラス往復+ハワイビジネスクラス往復
・夫婦でハワイファーストクラス往復
・北米ファーストクラス往復+ビジネスクラス往復
・ヨーロッパビジネスクラス2往復+東南アジアビジネスクラス往復
・ヨーロッパエコノミークラス4往復
・東南アジアビジネスクラス4往復
・東アジアビジネスクラス6往復

もともと旅行が好きだった私はマイルの貯め方を知ったことで決して誇張ではなく世界が変わったと思っています。
出張などを除いて人生で何回は乗りたいと思っていた長距離ビジネスクラスに20台にして乗ることができました。 これからは毎年ビジネスクラスでどこかに旅行したいと思っています。マイルを貯めた後にはそういう世界が広がっており、その世界を決めるのはあなたです。

何をするにしてもそうですが最初の一歩は勇気や労力が必要です。
ただ動き始めさえすれば後は自然と動けるようになるものです。
この記事を読まれた方はどなたでもマイルの世界へ飛び立つことが可能です。
さて、あなたはどこに飛びたいですか?

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました